告白の言葉は短く伝えよう。 - ハツカノ

Top > 告白をして付き合う > 告白の言葉は短く伝えよう。

告白の言葉は短く伝えよう。

告白の言葉は短く伝えよう。


「女の子もあなたの気持ちを受け入れてくれる準備はOK!」


「後は告白するだけ!」


となったときに、どんな言葉で告白をすればいいのでしょうか?


告白をするときの言葉は、長くダラダラと言う必要はなく、短い言葉であなたの気持ちを伝えてしまいましょう。


シンプルに「好きです。付き合ってください。」これだけで十分です。


ただし、告白をするときは出来るだけ、直接会って告白をしましょう。


電話やメールで告白をしても成功するときはしますが、女の子は感情で動きます。


電話やメールで「好きです。付き合ってください。」といわれるより、直接、「好きです。付き合ってください。」といわれたほうが気持ちは伝わるでしょう。


感情が伝わるのは、文字や声だけよりも、お互いの表情や仕草を見たほうが伝わります。


最後の最後で、恥ずかしいからと簡単な方法で告白をして、女の子が軽く扱われたと思い、告白が失敗するようなことがないように気をつけましょう。

ネットで女性と出会う1番簡単な方法!

告白をして付き合う

デートを重ねて、好きな女の子の気持ちも自分に向いている!
いよいよ彼女を作る最終段階。最後まで気を抜かず、100%OKをもらえるようにしましょう。 告白のタイミング、告白の成功率を上げる方法をお伝えします。
関連記事

告白が失敗してしまった時の対処法
告白の言葉は短く伝えよう。
どんな告白の仕方をすれば成功するか?
デートで告白するときは1番に女の子の気持ちを考えよう
何回目のデートで告白すればいいか?